ブログ

2016.6.5

ink個展『透明と、金属と、あたまのなか』が始まりました!

タピエスタイル京都店です。

6月に入り、日差しも益々強くなりましたね

夏本番を前に疲労回復用の梅シロップを漬けたり
ボディケアの追い込みだったり…
あなたの夏の準備は…?

京都店ではそんな夏を前に、
inkさんの個展ink個展『透明と、金属と、あたまのなか』を開催します。
image1

感性豊かな彼女が四季を通して感じたインスピレーション

はらはら きらきら ひらひら

風に舞う花弁
光輝く水面
木漏れ日の葉脈

カタチにできない光

それらをアーティスティックに表現した世界。
image2

こちらの作品の素材はポリスチレン。

人工的な素材を使って表現されているのは
自然の美しさへの憧れ、それを表現したいという葛藤。
たとえば水面を見たとき、それを美しいと感じます。
その美しさを作品で 表現しようとしたとき、この自然がつくりだす美しさを表現することは難しいということに気づきます。
そこにあるのは水面の美しさへの憧れと、それを表現できないことへの嫉妬に似た感情です。
自然をつくれないなら、その対極にあるものを使ってこの感情を作品にしようとしたのが本個展での作品です。

人は誰もが嫉妬や憧れといった感情を抱きます。
そんな感情が表現された作品を身につけることで、普段の自分に深みが増すような気がします。
女性の場合はその深みが、艶やかさや凛とした佇まいにつながっていくのではないでしょうか。
image3

こちらはTHE DOME《雪》。

降りしきる白の世界が表現されています。

揺らすと小さなドームのなかに風が起こり、吹雪のよう。
とても幻想的な世界。

オイルの中のパウダーは、
大理石やアクリル、大きい粒や小さい粒。

「それぞれの良さがあるかなと思って」と作家さん。
image1(1)

これまでご紹介した作品と対照的に、
こちらは宇宙の世界をとじこめた作品。
届かない世界が身につけることで傍に感じることができるなんて、とてもロマンがありますね。

実際に手にとって、その小さな世界を覗いてみてください。
これだと思える世界観に出会えるかもしれません。
スタッフ一同、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

______________________
unnamed

■作家在廊日:6月3日、4日、5日、8日

■HP:http://inkbottle11.com/

■作家プロフィール

koyuki
愛媛出身、京都在住
宇和島美容専門学校美容師科卒業
美容師を経て、一般企業に勤めながらモノづくりの面白さに目覚める。
独学で制作活動をしていく中で、技法や形に囚われない、移ろう時間や
空気感、思想を表現することがテーマになる

2011年ブランド設立
2014年切り絵アートグループSAMURAI~神風~にアクセサリーで参加
阪急うめだ本店、 あべのハルカス近鉄本店、大阪高島屋、阪神百貨店、有楽町マルイ、横浜高島屋、ブリーゼブリーゼにて催事
大阪南船場タピエスタイルにて個展「夜が明ける。」開催
西宮阪急6周年誕生祭×SAMURAIコラボイベントにて一部装飾担当

CATEGORY

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去の日記

  • SHOP BLOG
  • タピエスタイル公式Facebook
  • タピエスタイル公式Instagram
  • タピエスタイル公式Twitter
  • SHOP LOCATION
  • COMPANY tapie

タピエスタイル公式Facebook

タピエスタイル公式Facebook

img

img