ブログ

2014.3.14

春の企画展のご紹介 vol.2

今日は寒の戻り。
こうして少しずつ、来る春への期待が高まっていくのですね。

昨日に続き、ただいま南船場タピエスタイルで開催中の企画展
「tapie collection of next generation ! 」の出展作品をご紹介します。

・POCHi
pochi

大阪在住のアクセサリー作家POCHi(ポチ)さん。
コットンパールやスワロフスキーで流行を取り入れながら
おでかけに、日常に、それぞれの装いを楽しみたい方へ。
ハンドメイドだからこそ出来る、
少しずつ色あいの違うビジューの組み合わせが
女性らしい繊細さを演出してくれます。

・mouton・u・mou
mouton

大学ではテキスタイルデザインを専攻した
mouton・u・mou(ムートンムー)さん。
よく観察すると糸、スパンコール、モール、ビーズ、リボンに塗料・・・と
いろいろな素材が組み合わされているので、
小さなキャンバスが広い広い世界に見えてきます。
身につけると、ひとめでは何で出来ているのか分からないので、
とてもアーティスティック。
世界にたった1つの、あなたらしい個性を表現するアイテムになってくれます。

・Evet
evet

大阪在住の刺繍作家Evet(エヴェット)さん。
刺繍とかぎ針編みの講師になるべく、ただいま修行中だそうです。
昨年ギフト展にも出してくれたのですが、
今はその時よりもますます刺繍が細かく色も繊細に。
たくさんの色の重なりで1つの作品が出来上がっているので、
身につける洋服や帽子によって、毎日違う表情を見せてくれそうです。

・ICecreAm
icecream

趣味は、心踊るハデカワイイものを見ること、きのこアイテムを集めること
という、兵庫県在住の作家ICecreAm(アイスクリーム)さん。
雑貨メーカーに勤務後、自分の世界観を表現できる
1点ものハンドメイドの世界へ飛び込みました。
まさに「ヘンテコ」でも「気になる」、
彼女らしいユーモアが詰まったアイテムばかりです。
こちらの作品はブローチ・クリップが一体型になっているので、
ジャケットに着けることも、ヘアアクセサリーにもなるスグレもの。

・urara
urara

熊本からさんからして下さった刺繍作家urara(ウララ)さん。
この写真のように、ちょっと毒のある表情のネコのほかにも、
パンダや白鳥などの動物や、アネモネなどの花シリーズも。
いろいろ組み合わせて、ジャケットの上でストーリーを作ってみるのも楽しいですよ。

ここでは紹介しきれないほど、どの作家さんも
工夫を凝らした作品をたくさん用意してくれています。
ぜひ南船場のタピエスタイルでご覧ください。

イベント詳細
日程:2014年3月7日(金)~3月25日(火) ←好評につき延長決定しました!
時間:12:30~19:30
場所:タピエスタイル店内
住所:大阪市中央区南船場4-4-17 B1
電話:06-4963-7450
地図: http://www5f.biglobe.ne.jp/~tapie/top/map.html

isi.

CATEGORY

2019年7月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去の日記

  • タピエスタイル公式Facebook
  • タピエスタイル公式Instagram
  • タピエスタイル公式Twitter
  • タピエスタイル公式LINE
  • SHOP LOCATION
  • COMPANY tapie



bunner

bunner

bunner

bunner

bunner

bunner

bunner

IRIIRIワークショップ