2019年12月15日(日)〜12月31日(火)
陶の肌に描かれた、青の線描や本物の金で彩色された花や動物たちが、様々な装身具となりました。

花本 幸 hanamoto miyuki 陶展『 巡る森 』

IMG-57042

◾️作家在廊予定日
12/15(日)13:00〜18:00
12/28(土)10:00〜20:30
12/29(日)10:00〜20:30
12/31(火)14:00〜18:00
 
飄々と軽やかに、闊歩する、浮き立つ、佇む…動物や植物、細胞それぞれにある表情を思い浮かべながら、陶磁器を素材に一点一点制作しています。
”焼き物“と言われるように陶磁器は最後の工程では窯で焼成して完成するのですが、
それは最後を自分の手を離れ自然に委ねるという部分が少なからずあります。
この行為がなぜだか動物の持つ飄々とした姿と結びつき、動物モチーフが多いのかもしれません。
 
hanamoto miyuki
花本 幸
ーーー
花本幸さんは京都に由縁の深い若き陶芸家です。
京都で5年間学ばれたのち現在は滋賀のアトリエで作陶されています。
タピエスタイルが出会ってから1年経ち、この度京都店で初めての個展の実現となりました。

初めてのアクセサリーは一切の型を使わずに1点1点試行錯誤しながら土を新たな造形物へと仕上げられていきました。
白い艶と透明感のある陶の肌に描かれた青の線描や本物の金で彩色された花や動物たちが様々な装身具となりました。

焼き物は大きく分けて、陶器と磁器に分かれます。一般的に陶器は土物、磁器は石物と言われています。
石物とは陶石と呼ばれるガラスの材料で使われる長石、けい石を主に含有する石の粉に粘土を加えて粘りを与て材料にしています。

花本氏は現在は後者の石物(磁器)で制作されています。
1年を経て今回の個展では同じ材料で手捻りと土の風合いを強調した新作も加わりました。
デビュー作と全く表現方法が変化しましたが実験を繰り返しながら陶芸家としての道をたゆまなく歩まれています。

一見しただけでは陶器のプロダクツは、そこにどれだけ作家の手間ヒマがかかっているのかわからないことも多くなっている現代です。
なんでも簡単に手に入る時代だからこそ私たちは「人の手」がかかっている時間や、作家の想いが費やされている熱量に憧れ魅了されるのかも知れません。
つくり手の想いや制作工程を知っているからこそより大切に長く使えるのではないかと考えます。

是非ご高覧ください。

タピエスタイル
玉井 恵里子
ーーー

花本 幸 hanamoto miyuki陶展『 巡る森 』
会期:2019年12月15日(日)〜12月31日(火)
時間:10:30〜20:30(最終日18:00まで)
場所:京都LAQUE四条烏丸店(ショップ詳細

一つの小さなアクセサリーが生まれるまでどのような工程と手間がかかっているのか
花本氏にインタビューしてみました。

s1
◾️板状の光沢・金彩のあるアクセサリー
①粘土をシート状に伸ばして、型紙を当てて小刀で形を切り抜く
②乾燥させ、断面の凸凹を削りなめらかにする
③電気窯で800℃で焼成(4時間・素焼き)※これで水分が全てなくなり、釉薬が均一に定着する
④青い絵の具で線描きをし、釉薬という表面をコーティングするための液体を掛けて1250℃で焼成(15~17時間・本焼き)※粘土素地が焼き締まり、釉薬が熔け表面に光沢のある白いパーツの完成
⑤金やカラーの絵の具で着色をし、最後に780℃で焼成(4時間・上絵)※絵の具によっては熔ける温度が違うため、2度焼く場合もある
s2
◾️マットなモノトーンアクセサリー
①手びねりで1点ずつ形を作る
②乾燥させ、引っかかる凸凹があれば削りなめらかにする
③電気窯で800℃で焼成(4時間・素焼き)
④絵の具で着色をし、1250℃で焼成(15~17時間・本焼き)

IMG-5730s
出店予定作品
陶磁器の1点ものアクセサリー イヤリング、ピアス、ネックレス、ブローチ、器、小皿など

新作のモノトーンアクセサリー 手捻りで陶の1点モノの風合いをより強く表現しました。
参考価格
ブローチ・ネックレス:4,000円(税別)
イヤリング・ピアス:5,000円(税別)
 
▪️作家プロフィール
IMG-5368

1984年 滋賀県生まれ
2009年 京都市立芸術大学美術学部工芸科陶磁器専攻卒業
2010年 京都産業技術研究所陶磁器コース本科修了
2010~2017年 京都市東山区にて制作
2018年~ 滋賀県彦根市にて制作

2016年 大阪 glan fabrique個展
2016年 京都 木津川アート出展
2018年 京都 京都陶磁器会館やきセサリーマルシェ出展
2018年 タピエスタイル「フユイロコバコ」出展
2019年 タピエスタイル 京都伊勢丹美術館「えき」ミュージアムショップ出展
2019年 京都 京都陶磁器会館やきセサリーマルシェ出展

IMG-5689のコピー
京都陶磁器会館2019年 「やきセサリーマルシェ」展示写真から
京都工芸繊維大学 大学院工芸科 野口ゼミ協力


タピエスタイル ラクエ四条烏丸店
〒600-8009
京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101
LAQUE四条烏丸 2F
http://laque.jp/
Tel :090-8821-8681
Open:10:30~20:30(休日等はLAQUE四条烏丸に準ずる)

CATEGORY

  • タピエスタイルONLINESHOP
  • ナツイロコバコ2020
  • タピエスタイル公式Facebook
  • タピエスタイル公式Instagram
  • タピエスタイル公式Twitter
  • タピエスタイル公式LINE
  • SHOP LOCATION
  • COMPANY tapie





bunner

bunner

bunner

bunner

bunner

IRIIRIワークショップ