2021年4月7日(水)〜4月13日(火)

生活編集 オープニング企画 かそけきイキモノたち展覧会

tapie0407

昔、パリ万博博覧会(1867年)に
日本から出品された工芸品や
浮世絵に描かれた虫や花や小さな生き物の
描写にヨーロッパの画家や建築家は大きな
インパクトを与えられたと伝え聞かれます。

日本の美術工芸品や古美術などが紹介されたことで
日本ブーム、ジャポニスム旋風が巻き起こりました。
新たな表現を日々模索していた新進気鋭の
画家たちの目に、日本美術は新鮮に映りました。

一見グロテスクにも見える
小さな生き物の美や花鳥風月の繊細な表現。
その魅力に取りつかれ
新しい時代に生きる「装身具」に表現する
現代作家4人にフューチャーしてみました。

異なる視点の「いきもの」を楽しんで見てください。

閉塞感ある現代に生きる私たちは
自然に癒しを求めています。

かそけきイキモノは
人間も自然の一部である、か弱い存在であることを
悟らされた今こそ、改めて対峙して
何かを見つけられることを願います。

生活編集 タピエスタイル

かそけきイキモノたち展覧会
会期:2021年4月7日(水)〜4月13日(火)
時間:10:00~20:00
場所:ジェイアール京都伊勢丹 5F 婦人服 SPOT
タピエスタイル(ショップ詳細
アクセス:JR・近鉄・地下鉄「京都」駅直結
https://www.isetan.mistore.jp/kyoto/access.html

出展作家


Yuko Furukawa ユウコ フルカワ

札幌市在住。生き物を写真、アクセサリー、造形作品で表現する作家。
北海道大学農学研究科修士課程修了、学生時代は生物学を専攻。
ギャラリーでの個展を中心に作品を発表しています。

コンセプトは「生命の尊厳」。
観察者のニュートラルな視点と、生き物の持つ本質
(神秘、美、儚さ、愛おしさ、ゆらぎ等)への共鳴を表現すべく、
素材や手法を厳選した一点ものの作品を制作しています。
身に着ける人が唯一無二の存在になれる
アクセサリー作りを目指しています。

yukofurukawa_ss


hooca ホーカ

大分県在住。

海月は〝考える〟ということをしない生き物
流れに逆らわず 流されすぎない
唯一無二の優雅さと強さ。そんな海月に憧れて。
一粒一粒ビーズを重ねて想いを重ねて制作しました。

高校生の時からわたしはクラゲが好きでした。
アクセサリーとして身に着けることが出来たらという想いから
海月のアクセサリーを制作し続けております。

高校卒業後は、自衛官として6年間勤務し
現在は大分県で作家活動をしています。


ikimonono イキモノノ

神奈川県川崎市在住。

モチーフの昆虫を手描きで描き、1つ1つ焼き、
色をつけ、最後にコーティングや金具付けをしていきます。

昆虫というニッチなモチーフに光をあてて、
作品作りをしています。初めて昆虫図鑑を見たとき、
その昆虫たちのあまりの美しさに魅了されました。
この美しい生き物たちをもっと詳しく知りたい、知らせたい。
ひとが身にまとうことによって新たに生み出される
昆虫の美しさを感じていただきたいと強く思い
このブランドを立ち上げました。

本物の昆虫を使わない理由は
自分がアクセサリーとして表現したい形にできない
可能性があるからです。
作り物でも本物に負けないくらい美しい
自然界の生きる宝石を表現するために試行錯誤を続けています。

port


a.Sayura

東京都在住
ひらひらと舞う蝶のなんとも儚く幻想的な姿に魅了され、
ずっと大切に制作してきたモチーフです。
私は、幼虫からさなぎ そして華麗な蝶へと大きく変化し成長していく。
その神秘的なイメージを色使いにより表現しました。

複雑に着色をしているので、一つとして同じ色柄のモノは存在しません。
『あなただけの蝶』を見つけ出していただけると大変嬉しく思います。


かそけきイキモノたち展覧会
会期:2021年4月7日(水)〜4月13日(火)
時間:10:00~20:00
場所:ジェイアール京都伊勢丹 5F 婦人服 SPOT
タピエスタイル
〒600-8555 京都府京都市下京区烏丸通
塩小路下ル東塩小路町
アクセス:
https://www.isetan.mistore.jp/kyoto/access.html

CATEGORY

  • タピエスタイル公式Instagram
  • タピエスタイル公式Twitter
  • タピエスタイル公式Facebook
  • タピエスタイル公式LINE
  • SHOP LOCATION
  • COMPANY tapie



bunner

bunner

bunner

IRIIRIワークショップ