2019年8月10日(土)〜8月27日(火)
古くから伝わるマクラメ技法を使用しアクセサリーを仕立てる「silica nuzzle」初の個展です。

silica nuzzle個展『マクラメのコスチュームジュエリー世界展』

acc2

IMG_2200

「マクラメ」とは数本の細紐や糸で幾何学的な模様を装飾的に結ぶ技術です。
その起源は古く、中世時代にイスラム文化圏で発展しヨーロッパに渡りました。

18世紀には細い糸を使用した繊細なマクラメがイギリス宮廷で流行し
貴婦人たちの手芸の嗜みになりより洗練されていきました。

ヨーロッパから世界各地に広がった「マクラメ編み」ですが縄文時代にはすでに日本にも伝わっていました。
日本では長い歴史を通じて「ひもを結ぶ・編む・組む」で完成した装飾に
特別な意味や願いが込めて様々な用途を発展させてきました。

私は「マクラメの神聖さと糸が組み上がっていく模様と色の面白さ」に魅了されました。
独学でマクラメ技法を追求しジュエリー学校で習得した技術とデザイン力を
マッチングさせてコスチュームジュエリーブランド「silica nuzzle」が生まれました。

「silica nuzzle」に使用する素材はポリエステル100%の糸に
ロウ引き加工を施した汗にも汚れにくく強い特殊糸です。
組み合わせる天然石やパール、ガラスやビーズ素材から
インスパイヤされたデザインを考え、マクラメ技法で編み上げております。
ベースの素材が糸なのでとても軽く肌馴染みが良いのも特徴です。

金属アレルギーの方でも楽しんで頂けるよう、
ご希望に応じてネックレスのネックの金具も糸のみ仕様に変更可能です。
装いや気分に合わせて長さを調整できるネックレスもございます。

身に着ける方の気持ちに寄り添うもので在りたいという願いから「nuzzle」をブランド名に込めました。
初めての個展が「組紐」をはじめとする糸の古い芸術文化が根付いた地、京都で開催できることを嬉しくおもいます。
色合いと糸が織り成す美しさを身に纏い、楽しんで頂けたたら幸いです。

出展予定作品
ネックレス 約40点 ¥5,000 ~ ¥18,000
ピアス 約60点 ¥3,600 ~ ¥5,000
イヤリング 約30点 ¥3,800 ~ ¥4,500
ブレス 5点 ¥5,000 ~ ¥12,000
 

silica nuzzle個展『マクラメのコスチュームジュエリー世界展』
会期:2019年8月10日(土)〜8月27日(火)
時間:10:30~20:30
場所:京都LAQUE四条烏丸店(ショップ詳細

 
お手入れと使用上の注意

ネックレス・ピアス・イヤリングいずれにつきましてもマクラメ糸は
ポリエステル100%の糸にロウビキ加工を施したものを使用しております。
ピアスの金具につきましてはチタン製を主に使用しておりますが、
メッキ素材のものも多少ございますので台紙の表記でご確認ください。
イヤリングとネックレスに使用の金具は主にメッキ製品となります。
デザインによってはピアスをイヤリングにまたその逆のご対応、
ネックレスの長さのアレンジなどのご対応が可能です。

お手入れにつきましては、ポリエステル糸になりますので多少の濡れなどで色落ちする事などはございませんが
念のため濡れたままで他の物と一緒に放置することはお避けいただけたらと思います。
汗や水などで濡れた場合は形を整えて頂き、自然乾燥して頂くと良いです。
ロー引き糸になりますのでドライヤーなどの高温風はお避けください。型崩れの原因になります。
汗や汚れが気になられる場合は布などで軽く拭ってください。

 

▪️作家プロフィール
IMG_2293
silica nuzzle(シリカナズル)
大東 菜津恵 

神奈川県横浜市出身
川崎市在住
文化服装学院デザイン科卒
ヒコみづの宝飾専門学校ビジネスデザイン科卒
卸業界にてパール・天然石の販売とジュエリー製作に従事ののち独立
2016年マクラメ編みのコスチュームジュエリー作家「silica nuzzle」として活動開始
2017年11月  雑誌「装苑」に作品掲載
2017年12月 「装苑」presentsアクセサリー蚤の市 出店
2018年8月 「tapie style」 有楽町マルイ pop up shop 出店
2019年7月 東京ビッグサイト「 interior lifestyle tokyo 」出展
この他多数の全国の百貨店、商業施設にて精力的に作品発表の活動の場を広めている


タピエスタイル ラクエ四条烏丸店
〒600-8009
京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101
LAQUE四条烏丸 2F
http://laque.jp/
Tel :090-8821-8681
Open:10:30~20:30(休日等はLAQUE四条烏丸に準ずる)

CATEGORY

  • タピエスタイル公式Facebook
  • タピエスタイル公式Instagram
  • タピエスタイル公式Twitter
  • タピエスタイル公式LINE
  • SHOP LOCATION
  • COMPANY tapie



bunner

bunner

bunner

bunner

bunner

bunner

IRIIRIワークショップ